民泊WiFiって何?最近流行りのレンタルサービスを調べてみた

民泊WiFiをご存知でしょうか? Airbnbの台頭により民泊サービスも広く知られるようになりましたね。民泊WiFiは、宿泊者にモバイルWiFiルーターを貸し出すために、宿泊施設の提供者側が予め機器を用意できるサービスです。

もちろん貸し出していない間は、普通に使うこともできますし、何よりコストを抑えることができる特長があります。

今回はそんな民泊WiFiを提供するサービスについて調べてみました。

民泊向けWiFiサービス

代表的な民泊向けWiFiサービスは次のとおりです

  • Space WiFi
  • Fumifi
  • Sakura WiFi
  • JP Mobile 民泊WiFi

民泊WiFiの特長

縛り期間が短い(なし)

民泊WiFiの最大の特長に縛り期間がないことがあげられます。それもそのはず、民泊WiFiは基本的にモバイルWiFiルーターのレンタルサービスです。最終的には返却しなければならないものの、レンタルという位置づけにすることで縛り期間がなくなります。

au系、Softbank系が選べる

民泊WiFiを提供するサービスはau系のLTE/WiMAXとSoftbank系のLTE/AXGPのどちらにも対応していることが多いです。エリアでいえばLTEですが、速度やデータ量で言うとWiMAX2+やAXGPのほうに歩があり、相互で補完できるようになっています。

宿泊者からの「繋がらない」「遅い」といった不満を解消するためには、宿泊施設があるエリアでより強いネットワークを選ぶとよいでしょう。(基本的にはWiMAX2+のほうがAXGPよりもエリアが広いです)

個人で利用することもできる

民泊WiFiは主に宿泊者にレンタルすることを目的としていますが、最近は個人でも利用することが可能です。レンタルしていない時期は個人で利用し、必要に応じて貸し出すという使い方も可能なんですね!

またレンタルであることから、月額料金は大手のプロバイダーで端末を購入した場合よりもずっと安く抑えることができます。キャッシュバックや月額料金の割引といった特典を加味した場合でも民泊WiFiのほうが安くなるケースがあります・

保証サービスには入っておいたほうがいい

民泊WiFiのモバイルWiFiルーターはレンタル品ですので、万一壊してしまった場合は、違約金を払わなければなりません。多くの場合1万円〜2万円です。これを避けるためにspace wifiのように保証サービスを行っていることがあります。

取扱が不慣れな外国人のお客さんが壊してしまうリスクを考えると保証サービスがあるプロバイダでは入っておいたほうが無難ですね。

民泊WiFiには速度制限は無いのか?

上流ネットワークによる速度制限はある

民泊WiFiにて、「データ量無制限」を謳っているサービスがあります。ただし、仕組みはFUJI WiFiと同じで、利用しているネットワークの制限はそのまま残ります。

WiMAX2+のギガ放題であれば3日で3GBであったり、Softbankであれば月間300GBあたりを超えると制限に引っかかります。

で、なぜ無制限か?というと、制限に引っかかった場合は別のルーターと交換になるんですね。レンタル品ですので、他のルーターと交換することも可能なのですが、交換品も制限に引っかかっている場合もあります。その場合は再度交換になります。

このあたりのルールは民泊WiFiを提供しているプロバイダによりますので契約する前にじっくりと検討するようにしましょう。

民泊WiFiを利用せずにモバイルWiFiを用意する方法は?

民泊専用のWiFiを利用せずにモバイルWiFiを利用する方法もあります。例えば3WiMAXカシモWiMAXような格安のポケットWiFiサービスと契約しレンタル品ではなく購入品として予め準備しておく方法があります。

民泊の利用者が増える時期は必要に応じ「ギガ放題」に切り替えることでデータ量の問題はクリアできますし、端末が故障した場合は中古の端末を買ってきてSIMカードの挿せばよいのです。

なお、WiMAXの場合、WX04以降に発売されたルーターとそれ以前に発売されたルーターでは、SIMフリーではあるものの、互換性がないたSIMカードを共有できません。よって端末を個別に用意する場合はなるべく同じシリーズを探したほうがよいでしょう。

本当なの?3WiMAXの評判を徹底検証!au ユーザーには一理あり

あなたは3WiMAXの評判について知りたいのではないでしょうか。比較的新しいプロバイダであるため、最近その存在を知ったというかたも多いかもしれませんね。

3WiMAXはauブランドのWiMAXプロバイダです。ネットで評判を調べてみるとあまり良くないようですが、単なるアクセス稼ぎのために書かれているものなのか、それとも本当に良くないのかフラットな目線で調べてみました。

3WiMAXのサービスの特長

3WiMAXは株式会社Elevenが運営する株式会社リンクライフの2次MVNOです。大手に比べて聞き慣れない会社かもしれませんが、株式会社リンクライフは月額料金の割引で有名なBroad WiMAXを運営しています。Broad WiMAXはUQWiMAXのMVNOですね。

3WiMAXの契約プランには特長があり、2年契約と4年契約に特化しています。他社が3年契約を標準的にしていることから個性のあるプランになっています。

3WiMAXにはどんな契約プランがあるのか?

2年契約|最短契約が可能なスタンダードプラン

WiMAXのMVNO中では珍しい2年契約に特化した契約プランです。他に2年契約があるプロバイダといえばカシモWiMAXやGMOとくとくBBくらいしかありません。

最初の3ヶ月間が2,980円で、その後の24ヶ月までが3,615になる契約プランです。もちろん月間のデータ料7GBを超えることができるギガ放題はついているのですが、WiMAX2+とLTEを2波MIMOで繋ぐために必要なLTEオプションは付いていません。

4年契約|徹底的に安さに特化したプレミアムプラン

最初の2ヶ月間は1,970円で利用することができ、その後24ヶ月感は3,495円、25ヶ月目以降は3,995円で利用できる契約プランです。最初の2ヶ月間の1,970円がインパクトが大きいですね。また、25ヶ月目に新しい端末に乗り換えるか or 他の回線に乗り換えるかの選択肢があります。

WiMAX以外の他の回線に乗り換えるできるという特典は、他社にはないメリットですね。もしWiMAXを2年間使ってみて不満があるのであれば、LTEや光回線といった技術的に全くことなるネットワークに乗り換えることも検討してみるとよいでしょう。

3年契約を考えるなら他社がおすすめ

WiMAX2+は3年以上の契約プランで、ハイスピードプラスエリアモードオプションが無料になるLTE無料化の恩恵を受けることができます。そのためUQWiMAXを含め主要なプロバイダーでは現在3年契約を推進しています。

しかし、3WiMAXの契約プランは2年契約か4年契約しか選ぶことができません。LTEオプションが無料化になるギリギリの3年契約はないのです。

あなたがもし3年契約のWiMAXプロバイダーをお探しであれば、So-netやBiglobeをじっくりと解説しているWiMAX比較ビギナーズ – おすすめのプロバイダとルーターを徹底解説を参考にしてみましょう。

こちらのサイトでは3年間の総額から実質月額を比較しおすすめのプロバイダーを見つけることができます。またルーターのスペック比較も一読の価値ありでした。

auスマホユーザーであれば3WiMAXをより有効活用できる

3WiMAXはau WiMAXのMVNOであるため、auのスマホユーザーと非常に相性がよいです。auスマートバリューmineに加入することで2年契約でもLTEオプションを無料化できますし、何より次の特典がつきます。

  • 月々の利用料金から最大1,000円引き
  • キャッシュバック30,000円

特にキャッシュバック30,000円は他社と比較しても高額になりますので、auスマホユーザーであれば、auスマホ割を利用しない手はありません。

まとめ

3WiMAXについてまとめてきました。3WiMAXは2年契約ができるWiMAXプロバイダーということで、昨年から急速に契約者を伸ばしています。ただ、キャンペーンの対象になるためには、安心サポートプラスやMy SSサポートといったオプションに契約する必要があることにも留意しましょう。また、3年契約のプランは用意されていないため、LTE無料化に魅力を感じている方は他社を検討してみてください。

噂のカシモWiMAXを徹底調査!業界最安値級は本当か?

あなたはカシモWiMAXを知っているでしょうか? カシモWiMAXは、近年彗星のごとく現れたプロバイダ(WiMAXのMVNO)です。

型落ちしたルーターに焦点をあて業界最安値級にチャレンジすることで、口コミで少しずつ知名度をあげて来ました。Broad WiMAXや3WiMAXなどが登場し始めた頃と非常によく似ています。

今回はカシモWiMAXについて徹底調査していきましょう。

カシモWiMAXのサービスの概要

カシモWiMAXは株式会社MEモバイルが運営するMVNOサービスです。名称の通りWiMAXに特化しています。(前回ご紹介したFUJI WiFiは複数のネットワーク回線を並列に取り扱っていましたね!)

新興のプロバイダですが、親会社は東証マザーズに上場していることもあり、信頼性は高いといえるでしょう。

カシモWiMAXにはどんなプランがあるの?

2年契約がメイン

カシモWiMAXの契約プランには他には無い特長があります。それは2年契約がメインであるということ。

UQWiMAXをはじめ、ほとんどのプロバイダでは現在3年契約をメインとしています。これは2017年の夏に3年以上の契約プランでLTEオプションが無料になる措置がとられたためなのですが、カシモWiMAXはこれまでと同様2年契約をメインです。

ハイスピードプラスエリアは必要な方のみ

念のため誤解が無いように書いておくと、カシモWiMAXでもLTEオプションを付けることはできます。オプションといっても別途申し込みが必要なわけではなく、端末の通信モードの設定で、ハイスピードプラスエリアモードに切り替えるだけです。

つまり「必要な方のみ月額1,005円で月間7GBまで使用しましょう」というスタンスですね。

プランの構成は2種類

カシモWiMAXのプランの構成は、まず旧端末か最新端末か2択でわかれ、その後「ギガ放題」の有無で分かれます。ここではハイスピードモードの月間データ容量7GBの制限が外れる「ギガ放題」のプランをご紹介します。

最安値級プラン

端末が旧ルーターのTriprouterに限定されるプランです。以前はW04やL01といった2017年発売のモデルも取り扱われていましたが在庫がなくなったようですね。

月額料金については、

  • 初月0円
  • 2ヶ月目まで1,380円
  • 24ヶ月目まで3,380円
  • 25ヶ月目以降4,079円

といった具合で安く使えます。実質月額においては、GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンよりも若干高い程度ですね。

ただし、GMOとくとくBBが最新端末W05を選べるのに比べて、カシモWiMAXはTriprouterしか選べないため、端末のスペックは雲泥の差があることは注意しましょう。

例えば、受信方向のベストエフォートにおいてW05が下り最大758Mbpsであるのに対し、Triprouterは220Mbpsしかでません。W04が選択できていた頃であれば、このような差はなく純粋に安さで比較することができましたが、現在、最安値級プランを選ぶためには「割り切りの気持ち」が必要です。

新端末プラン

最新端末のW05やホームルーターのL01sが選べるプランです。WX04は選べないないのですが、人気の2機種が選べますので問題ないでしょう。

月額料金については、

  • 初月1,380円
  • 2ヶ月目まで1,380円
  • 24ヶ月目まで3,580円
  • 25ヶ月目以降4,079円

といった具合でになります。最安値級プランよりも初月と3ヶ月目から24ヶ月目までが割高になっていることがお分かりになるでしょうか。

若干、月額料金が上がるにせよ、最新端末が使えてこの程度の値上がりであれば、充分に安いプランといえるでしょう。

カシモWiMAXの特長

機種変更サービスはない

WiMAXには22ヶ月目以降に機種が無料になる「機種変更サービス」があります。これは主に3年契約をメインにしたプロバイダが利用している制度ですが、カシモWiMAXは2年契約を主軸としているためこのサービスはありません。

25ヶ月目以降に解約しない場合は自動継続になり新たな2年縛りが発生しますので充分にご注意ください。

解約は当月20日までに連絡でOK

カシモWiMAXの解約手続きはカスタマーセンターに当月20日までに連絡すればOKです。しかし、手続きの不備などが発生した場合を考慮すると、ギリギリの連絡はリスクが高いため余裕を持って連絡するとよいでしょう。

機器補償のオプションあり

月額300円で機器補償のオプションサービスがあります。ただし、水没や盗難には対応していないこと、また2年契約が主軸であることを考慮すると加入する必要性は低いともいえます。場合によっては別途端末を購入したほうが安くすむ可能性もあります。

ウィルスチェックやメールはない

大手のプロバイダにあるようなウィルスチェックのオプション、また遠隔サポート、プロバイダのメールアドレスといった細かいオプションはありません。WiMAXをはじめるにあたり遠隔サポートが欲しいといった方は他社を検討してみるのもよいでしょう。

まとめ

カシモWiMAXについて調べてきました。業界最安値級という謳い文句は端末がTriprouterに限定されるという条件付きで本当のようです。しかし、最新端末となると他社のキャンペーンも強化されていることから微妙なことろです。

むしろ評価されるべきは、2年契約がメインのプラントして存在していることではないでしょうか。WiMAXのプロバイダは契約期間の満了とともに乗り換えたほうがメリットが大きいため、乗り換え先のストックとしてキープしておきたいプロバイダです。

巷で噂のFuji WiFiとは何?サービスの特長を調べてみた

モバイルWiFiルーターといえばポケットWiFiやWiMAXといったキーワードを思い浮かべる人が多いことでしょう。あるいは最近増えてきたsimフリーのモバイルWiFiルーターをイメージする方もいるかもしれません。

しかし一歩進んで中級者になると、通信のスピードや対応するエリアの広さ、データ通信の容量に制限があることなど、有名どころのデメリットも分かってきます。

今回は中級者におすすめのFuji WiFiのメリットとデメリットについて調べてみました。分かるようで分からないFuji WiFiのサービスについて知りたい方は必見です。

Fuji WiFi のサービス概要

Fuji WiFiとは株式会社レグルスのモバイルデータ通信に特価したMVNOサービスです。特定のネットワークに特価したMVNOではなく、WiMAX2+やAXGP、そしてLTEといったさまざまなネットワークを並列に取り扱っているため、用意されているプランは他社に比べて独創的です。ユーザーはそれらの中から好みのプランを選ぶことができます。

Fuji WiFi にはどんなプランがあるの?

まず大分類として端末とsimカードが一緒になった「ルータープラン」とsimカード単体の「simプラン」の2種類があります。

次に小分類としてネットワークや月間のデータ容量、支払い方法で分類されています。

代表的なプランをご紹介しましょう。

4G/LTE いつも快適プラン

月額6,000円で4G/LTEを利用したモバイルデータ通信が使い放題になるFuji WiFiの基本プランです。ギークな人たちのなかでFuji WiFiがジワジワと話題になったのもこのプランのおかげでしょう。

このプランのすごいところは、企業努力により月間のデータ通信量が無制限であることです。

ネットワークは4G/LTEを使っており、通信速度は受信時最大150Mbps・送信時最大50Mbps。ここ最近のトレンドに比べるとベストエフォートは遅めですが、普段使いの範囲ではかなりのことがこなせるでしょう。

こちらのプランはモバイルWi-Fiルーターの選択肢も多く、FS030W、304ZT、501HW、ARIA2のなかから好きなものを選べます。

気に入ったルーターがない場合は、

  • Band 1
  • Band 3
  • Band 3
  • Band 11
  • Band 41
  • Band 42

に対応するSIMフリーのルーターを自分で別途購入することも可能です。

しかし、「4G/LTE快適プラン」はSIMプランには用意されておらず、必ずルーターとセットで申し込む必要があることに注意しましょう。

無制限の仕組みはどうなっているのか?

現在、4G/LTEで無制限のサービスを提供しているMNOはありません。無制限を謳っていたとしても、3日間の制限があるなど、何らかの条件付きになります。

では、MVOからネットワークを借りているFuji WiFiがどうして無制限のサービスを行えるのかというと、アナログな方法で回避しているようです。

つまりユーザーのsimカードが制限がかかった場合は、物理的に新しいsimカードに変更することで、”結果的に”無制限のサービスとなる仕組みです。

申し込みページに書かれている

企業努力により快適にご利用いただけるようサービス提供をしております。ただし通信会社の判断により「異常な通信利用量のヘビーユーザーである」とみなされた場合には制限が発生する場合がございます。

といった但し書きは、MVO側では制限あるということを意味しているのですね。

simカードの交換中はインターネットは使えないので注意しよう

MVO側の通信制限に引っかかってしまった場合はsimカードの交換になりますが、交換している間はインターネットを使うことはできません。代替のネット回線があれば凌げますが、Fuji WiFiに一本化している場合は辛いところです。

ただし、1枚のsimカードの上限が300GB〜400GBと言われていますので、simカードの交換に引っかかることはそうないでしょう。

Fuji WiFi のオプション

Fuji WiFiには補償系の有料オプションが用意されています。

安心サポート

まず基本となるのは「落下」と「水没」に備える安心サポート(月額300円)です。この価格で水没に備えられるのはなかなか良いですね。

安心サポート Premium

そして比較的新しいのが、安心サポートをベースに「盗難」「バッテリー交換」「ウィルス対策」が追加された安心サポート Premium (月額620円)です。

バッテリー交換が付帯するのは長期契約における安心材料になりますね。